読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

タイピング変化

 今までタイピングする時に全然小指を使っていなかったんだけど、薬指を負傷したせいで必然的に薬指の代わりに小指を使うようになったんだよね。

 それまでは小指を使うよりも薬指でタイピングしていた方が違和感なくてしやすかったんだけど、慣れると案外小指を含めたタイピングも悪くないなぁって思った。

 しかし逆に薬指で打つキーも小指で打つようになってしまっているので、それを矯正するのはまたそれはそれで難しそうだなと思ったり。てかまだ薬指痛くて使えないし。

 まぁ結局何が言いたいかって言うと、今まで使えないと思っていたものでも、無理にでも使ってみると、その物の価値が見えてきたりすることもあるのかなーと感じたという話でした。

 しかしそれが現行しているものにとって代わるほどのものであるかというと、それはまた別の話って感じだけど。

 怪我の功名、となることを信じて、暫く小指を代用していきたいと思う今日この頃。