読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

妄想力って大事だ

 上手く言えないけど、そういった妄想力のおかげでプロットというか設定というかストーリーを作る能力が……能力? いやなんつーのかな。能力っていうよりは素早く脳内で作り上げられる感じ? 思考速度の速さっていうか、求めてるものをいち早く導き出せるっていうか。

 まぁ一言で言うと慣れだろうか。

 Aというアイディアを出すのに時間が10掛かっていたのが3で済む、みたいな感じ。

 あと、様々な作品に触れたというか吸収・インプットしたおかげで、この作品に必要な要素はどれか、の取捨選択が上手くなったような感じもある。

 

 妄想の力の強化。多様な作品のインプット。

 これらを行うことによって、作り上げようとしている作品にどのような要素がマッチしているのか。また、その作品に更なる奥深さを与えるためのものを見つけ出す能力。作品に必要なものをスムーズに導き出す能力、みたいなものが鍛えられると思う。

 なんつーのかな。いろんな作品に触れることで、こうすれば面白くなる、みたいな型というか展開を学べるっていうか習得できるっていうかそんな感じ。自分の中の物語の引き出しを増やすっていうか。

 

 何かね、なかなかアイディア出ないなーって感じだったんだけど、一つ思いついたら連鎖的に次々とアイディアが出てきたんだよね。あの感覚は自分が天才になったような錯覚がしてウヒョオオオオオオってなる。

 あーいいアイディア出たわー。そろそろ寝よ。

 ってパソコンスリープにして寝たんだけど、その十秒後くらいに新たなアイディア思いついて、あーこれいい感じのアイディアだわ……明日覚えてたらメモっとこう……あれ? これめちゃくちゃいいアイディアじゃね? やっべこれ今すぐメモんないと駄目だわ。

 って感じで閉じたばっかのPC起こしてメモったり。

 あの感覚楽しすぎる。

 

 まー何が言いたいかって言うと、妄想力を鍛えることで素早くその作品に必要な・マッチしているアイディアを出せるようになるよ。妄想力って無駄じゃないよ、みたいなことを言いたかった。

 いろんな物語に触れることで面白さの引き出しを増やし、妄想力を鍛えることで増えた引き出しからスムーズにアイディア・展開を引っ張ってこられるようになる感じ。

 これからも磨き続けなければならない。