読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

楽しめない人間な気がする

 小説とか漫画とかゲームとか、そういった娯楽は結構嗜むけれど、心の底から楽しめるものになかなか出会えていない。

 と思っていたんだけど、楽しめるものに出会っていないっていうか、自分が娯楽に対するハードルがかなり高いのではないか……とふと思った。

 他人なら7で楽しめるけど、自分は10じゃないと楽しめないというか。

 どうしてだろうなぁ。

 何というか、言い方は悪いけど、ちょろい人間の方が人生楽しめるような気がする。

 この程度で楽しめちゃうんだ、ちょろい奴だなぁ……みたいな。

 どうしたら面白さのハードルって下げられるんだろう。多くの作品を楽しみたいと思う。けど、満足できる作品って滅多に無いんだよね。

 そもそも楽しいってなんだろう。

 自分の満足できるハードルが高いだけなのか、世間の娯楽のレベルが低いだけなのか、はたまた自分が自分の満足できる物と出会っていないだけなのか。分からない。

 

 たまに考える時がある。

 人間という種が、歴史を終える時と、現在の文化・コンテンツのレベルを比較した場合、どのくらいの位置に存在するのだろうかと。

 自分は15%前後だと思う。つまり人間はこれから85%ほど進化の可能性を残している、と考えている。

 勿論この数字は計算した結果などではなく、自分が勝手に思っただけの数字ではあるが、なんとなくそのくらいだと思う。思った。いや、高すぎるかな。

 

 リア充系統の人たちって、一体何を娯楽としているのだろう。

 やっぱり、自分以外の人間・他者、つまりは友達と遊ぶことだろうか。

 友達という『ゲーム』より面白いものは、案外ないのかもしれない。

 ゲームというゲームで楽しめていた自分は、ひょっとしたら『ちょろい人間』だったのかも、と少し思った。