読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

キャラの魅力を引き出すタイミング

 やはり、早ければ早いほど良いのは言うまでもないだろう。

 しかし、キャラの魅力というものは時間を掛けないとなかなか出てこないものである。ここにジレンマが生じている。

 フルメタ一巻で、相良宗介は事件が起こるまでの日常シーンで、とことん彼の異質さを描写している。

 それは読者には変で面白い奴として認識され、物語に入り込みやすくしつつ、宗介はどういうキャラかなのかを説明し、魅力を序盤で描写することに成功している。

 多分これが最理想。キャラクター小説における模範解答だと思う。

 

 物語を序盤から引っ張るには、キャラの魅力と謎。この二つである。

 逆に言えば、この二つの要素がないと読者を引っ張ることは難しい。