読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

驚くほどモチベーション上がらない

 そりゃプロット考えるために時間欲しいと思っていてもさー、たまにはガス欠でやりたいことに手が付かなくなることってあるじゃん?

 じゃあ気分転換にゲームとか何かやりたいことやるかーって普段ならなるわけだけど、それが全くゲームとか何かをやる気分にならないわけよ。

 いつも見ているサイトをぐるぐるぐるぐる何度も見返すという全く意味のない行為を繰り返してしまっている。せめて積んであるゲームを消化したり、ゲームすることによって満足感充実感を得た方が生産的なはずなのに、全くやる気が出ない……。

 やりたいのにやれない、っていうのはすごくしんどいものがあるね。

 でも昼寝したらちょっと回復してきた。夢へのモチベが上がってきた。時間もったいないと思っても、やはり長期的な目で見ると睡眠を取るのは大事なんや。

 最近は「ヒロインとは何か」というかライトノベルにおけるヒロインの役目、役割についてで頭を悩ませている。主人公と同格になるまでにヒロインの立場を強くするのはとても難しいものだ。

 でも半日くらい頭を悩ませていたらなんとなくだけど答えが見えてきた。

 創作において生まれた疑問に一日で答えに手が届きそうになるくらい思考が発達してきたのは喜ばしいことだと思う。

 一作完成させる毎に進歩を感じられるのは幸せなのだろうなぁ。いつまで進化というか、自分が気付いていなかった新しいことに気付くことができるようになっていくのだろう。創作論の進化というか、物語の構造の真理というか、そういったものに一歩ずつ近づいていけている気がしてくるんだ。

 それを形にするのは大変だけど、最強の作家みたいなものになるために、日々創作について頑張っていきたいなって思ってる。

 勉強することはまだまだ多い。そして、まだその問題すら見えていない、問題に気付けてすらいないのだと思うと、嫌になってくるのと同時に、まだまだ自分は更に面白い物語が作れるようになる可能性を秘めているのだと思うとワクワクしてくる。勉強、進歩の余地があると思うと楽しすぎる。残念なのはあまり自分に時間が残されていないということだが。

 時間の大切さ、今の自分の持っているものの貴重さを常に理解、把握しつつ、時間を無駄にすることなく精進していきたい。

 頑張るしかないのだ。