読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

あまからカルテット

 誰が何と言おうとも、百点満点中の百点を超える作品だ。

 絶対に面白い。

 一般小説であってもキャラが大事というのがよく分かった。

 登場人物が全て魅力的。

 悪人っぽい人物は出てくるけど、純然たる悪ではないのが好き。

 もっと掘り下げてほしいとか、思うところは色々あるけど、この小説は、これはこれでいいのだ。

 この四人の友情が、永遠に続きますように。

 一体どうやってこの作品は生まれてきたのだろうか。知りたい。

 もしこれが経験から生まれてきたものだというのなら、人生経験に勝る武器はないだろうなぁと強く思った。

 あと60ページでどうやって終わんの!? とやきもきしたが、一部にはご都合主義と言われるのかもしれないけど、これはこれでいいのだ。群雄割拠風に、全てが繋がって、同じ地点で終わりを迎える。そしてそれがハッピーエンドである。ならば何も文句など無いじゃないか。

 そして、短編小説というものの恐ろしさを味わった。

 あれだけ短いページ数の中に、あれだけの登場人物の魅力を詰め込むことができるだろうか? いや、できまい。

 小説家の恐ろしさを思い知った。負けてはいられない。