読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

最高に中二で最高に青臭い最高なネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

 ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ読了。

 青臭い。

 あまりにも青臭い小説だった。

 中二病高二病中二病だった。

 私は中二病なので、非常に理解できた。自分を無理矢理客観視させられているようで辛かった。だが嫌じゃない。全然嫌なんかじゃない。

 ストーリーなどない。設定なんてものもない。キャラがいて、思春期らしい青臭い思想と行動をするだけ。

 そんな話なのに、何故引き込まれてしまうのか。

 小説的な、物語的な、創作的な技法で言ってしまえば、全く評価できる作品ではない。

 だけど好きだ。

 訴えるものがある訳でもない。

 でも、私は他者にこの作品を薦めたい。

 リアリティなんて無いのに、どうしてだか信じたくなる。

 これは思春期に読むべきだったのだろうか。

 たぶん、違う。

 思春期を過ぎた、青臭さが若干抜けてしまった、二十代の時に読むべき作品なんだと思う。三十代では駄目だ。たぶん、あの頃の青臭さを忘れてしまっているだろうから。