読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃え燃えキュン

小説読み書きレビューしたりゲームの考察についてのブログ

ようやくシークでも勝てるようになってきた

 ぴょんぴょんが強い行動なキャラは強い。

 うーん昔と比べてどう変わったんだろう。何が変わったのか具体的には分からないけど勝てるプレイングが出来るようになってきた。

 シークって、動けるからって自分の行動を押し付けるようなキャラではなかったらしい。強い行動を押し付けていくんじゃなくて、相手の出来ることを潰す行動が強いっていうか、そんな感じだろうか。基本行動がキャラ対みたいな。ひたすら後の先取っていく感じ。

 その場回避も上手くなってきた気がする。まだコロコロを頼りがちな面が多いけど、もっとその場回避を取り入れていきたい。

 とりあえずマジで自分で攻めちゃうと弱いから、ぴょんぴょんと引き空前と捲り空後とダッシュガードキャンセル空Nと針で上手く相手を動かして、その後隙というか相手の行動を潰すように動けば勝てるのかなって。

 ゼロサムの空上空上上Bみたいに、空前空前跳魚とかでカッコよくダメージ稼ぎたい。跳魚の軌道制御しにくい。

 やっぱ反確貰わないように立ち回らないと駄目だなって(当たり前)。

 けどまぁたまにはリスク負った行動も取らないといけないから、針でガード固めさせて掴むとかも見せていかないと駄目かなー。針の後隙かなりあるから甘えられなさすぎる。シークって何気に掴みの後隙かなりあるから怖いんだけども。

 とりあえず「ギリギリ攻めない」ことがシークを使う上で大切なのかなって思った。

 ドンキーに勝てたの結構嬉しい。

 もうちょいシークを頑張ってみよう。